教え子に悔し涙は似合わない

街角インタビューとかで、「開発者」のことを尋ねられたら、あなたはなんて返答する?「農家」は、人それぞれで印象が違うかもね。
HOME

曇っている仏滅の早朝に窓から

ある大事な業務があったとき「まあ、なんとかなる」と考えていた新人の頃。
当時の自分を含む新人みんなが「過ぎちゃえば割と簡単なことだよ」など楽観的に取り組んでいた。
そしたら指導官の上司が注意した内容が心に残っている。
「成功に向かって十分に時間を費やしたからこそ、業務終了後になんてことなかっただけ。
だから、この状況のように軽く構えていて、運よく業務が大したことなかったという意味は含まれていません。
終わってしまえばなんてことないといった言葉の裏にあるのは、それとは逆です。
コツコツと真面目に取り組み準備をしたからこそ、力が有り余って、仕事が円滑に進んだと言う事実を言っています。
しっかり本気になれましたか?
甘く見ないで頑張ってください。」
との事。
この言葉があってから、メンバーは頑張って勉強ししっかり収めきることができた。

汗をたらして自転車をこぐ先生と月夜
「嫌われ松の子一生」というタイトルのドラマが放送されていましたが、欠かさなかった方も多かったと思います。
わたしは、ドラマは見ていなかったのですが、女優の中谷美紀主演でシネマが放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、不運な境遇にて生きながらも、心まで悲観的になりません。
はたからみれば、幸せでないかもしれないけれど希望を捨てません。
幸せになることについて、貪欲なんです。
すごく、尊敬を感じました。
自分も幸せになる権利はあるのに、チャンスがやってくると罪悪感がある。
という、訳の分からない状態に陥っていた当時の私は、観賞中、幸せな気分になりました。
それくらい、明るい映画なので、一押しです。
あと、中谷美紀は、先生役でも、風俗嬢でも、美容師を演じても、やっぱり綺麗でした。

前のめりで歌う姉ちゃんと濡れたTシャツ

セミもおとなしくなった夏の晩。
少年は縁側に座って、スイカを食べていた。
かじってはスイカのタネを外に吐き出していると、ときおりタネがうまく飛ばずに、自分の服に落ちたりしていた。
隣に置いたかとり線香の匂いと、星のよく見える蒸し返す夜、それと口に広がるスイカの味。
少年はそんな事を感じながら、この夏これからどんなことして遊ぼうかな、と考えていた。

無我夢中で自転車をこぐ友達と僕
甘い食べ物がとても好みで、洋菓子や水ようかんなどをつくるけれど、子供ができて自作するものが制限されてきた。
私たちがものすごく喜んで口にしていたら、娘が自分も食べたがることは当たり前なので子供も食べられるバウンドケーキをつくる。
私は、激甘なものが非常に好きなのだけれども、しかし、娘には砂糖とバターが多い物などは小さなうちは食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやリンゴをいれた蒸しケーキが健康にもいいので、砂糖をひかえてつくる。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、非常につくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

汗をたらして自転車をこぐ兄さんと突風

実行させたら、完結させるのに多くの時間を要するものが、世の中に数多くある。
代名詞は、外国語だと思っている。
と言いつつ、お隣の韓国の言葉は、例外で、日本の言葉と語順が一緒で、その上に発音がそっくりなので、わりと習得が早いとか。
昔、韓国語を勉強した明日香ちゃんは、英語を勉強するより早く学びやすいのでお勧めとの事。
ほんの少しテキスト買ってみようかな・・・と思ったけれど、どうしても文字は記号にしか思えない。

雲が多い木曜の夕暮れはシャワーを
少年はめちゃめちゃ腹ペコだった。
もう少しで夏休みという頃、小学校からトボトボと帰宅しているときだった。
蝉はうるさく鳴いている。
陽の光は強く、夕方にもかかわらず、まだまだお日様は沈みそうになかった。
少年は汗を手でぬぐいながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するのがほとんどだけど、今日はものすごくひもじかったため、早いとこ帰って何か美味しいものを食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨夜のカレーの残り。
昨晩のカレーは、たしか鍋に半分くらい残っていたはずだ。
ご飯もたぶん、余りが冷蔵庫にあるはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、早足で家へと向かった。
すると体中に、汗がさらに流れてきた。

ノリノリで体操する彼とアスファルトの匂い

恐ろしいと感じるものはたくさんあるけれど、海が怖くて仕方ない。
しかも、沖縄やフィジーなんかのクリアな海ではない。
それ以上の恐怖は、駿河湾などの暗い海だ。
ついつい、どこを見ても海、なんて状況を想像してしまう。
それが味わってみたかったら、オープンウォーターという映画がベスト。
ダイビングで海のど真ん中に取り残された夫婦の、トークのみで繰り広げられる。
どう考えても、私には恐ろしい内容だ。
現実に起こり得る事なので、臨場感は大変伝わると思う。

そよ風の吹く祝日の夕方に料理を
ネットニュースをよく見るけど、紙の媒体を見ることも前は好きだった。
今は、費用がかからないで閲覧できるネットニュースが色々あるから、新聞はもったいなくて購入しなくなった。
けれど、読み慣れていたから、新聞のほうが少しの時間でたくさんの量の情報を手に入れることができていたけれど、ネットのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすいことはある。
一般的な情報から関連した深いところを調べやすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくても記載しているので目に入るけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、米国の債務不履行になってしまうかもという話題がとても気になる。
債務不履行になるわけないと思っていても、仮にデフォルトになったら、日本もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

雪の降る日曜の午前は熱燗を

仕事で身に着けるパンツスーツを選びに来た。
コムサなどフォーマルなお店も良いけれど、109も悪くないと思う。
気が強そうで元気な女性服のショッピングビルで体にフィットする服が多いのが特徴。
価格は店によって違いが出るが、なんとなく安価。
そして、購入する物を探していたが、細身の物ばかり取り扱われていた。
着てみると、普段よりお洒落に見える気がする。
良い感じのスーツ購入が達成できて、めちゃくちゃうれしかった。

のめり込んで踊る弟と枯れた森
子供がマルモダンスを一生懸命踊っている。
私たちは教えていないけど、2歳だけれど一生懸命まねしている。
どこかでマルモのおきてのメロディが流れると、録画した映像を見るとだだをこねて泣いてしまう。
保存したものを流すと止まることなくずーっと休むことなく見続けている。
父親なので、テレビの映像を見続けるよりも絵本を見たり、おもちゃなどで遊んだりするほうが好ましいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今いっしょに遊んでおくのも私たちの為でもあると思う。

ラクダ

Copyright (C) 2015 教え子に悔し涙は似合わない All Rights Reserved.